2012.4.09 紙面変質!!!!!

  

  山梨へ越して来て3年になる友人が、当初、

  地方紙には馴染みがなく、読んでいませんでした。

  が、 読むようになると、山梨の隅々までよく分かる内容で、

  だんだん、山梨県民になっていってると言っていました。

 

 

 

  地元民の私には、当たり前でしたが、特に

  ≪ 赤電話 ≫ の欄では、

  無料で 「 仔犬差し上げます 」

  とか

  「 仔猫差し上げます 」

   とかあり、

  『 本当に動物を大切にしている県だなぁ・・・』

 と、感心していました。

 

 

 

  今、友人宅では、この欄でもらった、

  猫の<さくら>と,犬の<うめぞう>(仮名)が、

  大事な家族の一員になっています。

  しかし、

 この≪ 赤電話 ≫がなくなり、

 有料のミニ広告になり、

 この不景気ですから、

 お金を払ってまで載せられない方もいるでしょう。

 

 

 

  紙面に於いて、動物に対する扱いを周到に順次に変えて行き、

 読者の心から、

 動物に対する優しさ、愛おしさ、

 哀れみの心を失くして行く流れがあるようです。

  

 

 

  動物愛護県をそうではない県にする為、 

 「 仔犬を差し上げます・仔猫をもらって下さい 」 

 という、

  命を大切にする欄を廃止、有料にする。 

  しかし、

 読者からの反感、反発を抑制する為、

 動物愛護の記事を 『 これでもか!』 と、 多めに載せ、

  食傷気味に陥らせた所で、

 今度は愛護記事を、少しずつなくして行き、

 動物おもしろ 記事だけにし、

  県民の心から、動物愛護・動物福祉の尊い想いを少しずつ弱め、

 少しずつ小さくして行っている事に、 私たちは気づきました

 

 

 

      “穢れ無き命の為に・・・”

 

人生とは、

とどまることなき変化である。

つまり、

肉の生活の衰弱と、

霊の生活の強化・拡大である。


             トルストイ

 

 

アウシュビッツのような人類の汚点である、

原発・原爆・動物実験をこの世から、

無くす為に・・・ 。

 

この世に生まれ、

何も悪い事をしていない純粋無垢な命達が、

今現在、この地上で、どれほど、おぞましく、

非人間的・非倫理的・非人道的行為の中で、

痛み・苦しみ・悲しみ・恐怖し、

殺されていっているか?

 

今すぐ恐怖のジッケンをやめても、

現在の医療水準は保てます。

それ以上望む恐怖と欲望の命を物扱いする、

命物実験教布教活動する、

ある新聞社のある方の恐怖と欲望を見抜き、

法律に保護された正当な現在進行形の、

心秘評論言画活動ブログです。

 

 

リンク集

 
  

原発・原爆・動物実験・

この世の悲しみを無くす、

愛のパワー溢れるブログを

どうかご覧下さい!!!!!!!

ケイ&リル◆ 幻の小冊子「種の壁が壊れるとき」

1Click Animas動物たちといつまでも
動物の愛護及び管理に関する法律-の改正について
 
 

ある新聞社によるテレサ特定と、

黒権黒企黒によるブログ潰しは、

なぜ?ナゼ?何故??????