中                  絶                            殺              人

 

 

 

       

 

 

       

       中絶は殺人であるという事実から 「中絶はいけない!」 と言うと、  

       それを言われた側は 「中絶は絶対してはいけない!」 「100%ダメである!」 

       と言われたと認識し、それに対する反対意見として、 
       「では、殺人を犯し出所した男に強姦され出来た子供も中絶はいけないのか?」 
       と言うが、実際問題、
中絶したことのある女性の中に、
       「殺人犯に強姦され出来た子供を中絶した」 

       と言う女性が何人いるだろうか ・ ・ ・ ?






       また、しあわせな結婚生活の中で子供が生まれ、現在1歳と3歳になり

       家族4人で暮らしていたが、夫が職場のトラブルから飲み会で爆発し、

       同僚を殴り殺した。

       この場合、夫は犯罪者になり殺人犯であるから、二人の子供には

       殺人犯の血が流れている。

       だからと言って、この1歳と3歳の子供を殺すだろうか?!

       おなかの中に芽生えた1ヶ月・3ヶ月の胎児は、お母さんのおなかの中で、

       あくびをし、指しゃぶりもする赤ちゃんである。

       虫けらに対するような認識は、捨てるべきである。


 
 
 
                                                                                   

 

 

                                         中絶という名の殺人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       自分は、『 肉体を超えた存在である! 』 と自覚する為の
       難病と言う名の肉身で生きる精神的レベルに到っていない心秘評論家は、

       命物実験教信者が命に対する心的認識を獲得出来る日と、

       この時代の終わりの日と、

       どちらが先であるか…

       述べる日が来る事は無いと認識している。

  

 

 

 

 

 

 

      “穢れ無き命の為に・・・”

 

人生とは、

とどまることなき変化である。

つまり、

肉の生活の衰弱と、

霊の生活の強化・拡大である。


             トルストイ

 

 

アウシュビッツのような人類の汚点である、

原発・原爆・動物実験をこの世から、

無くす為に・・・ 。

 

この世に生まれ、

何も悪い事をしていない純粋無垢な命達が、

今現在、この地上で、どれほど、おぞましく、

非人間的・非倫理的・非人道的行為の中で、

痛み・苦しみ・悲しみ・恐怖し、

殺されていっているか?

 

今すぐ恐怖のジッケンをやめても、

現在の医療水準は保てます。

それ以上望む恐怖と欲望の命を物扱いする、

命物実験教布教活動する、

ある新聞社のある方の恐怖と欲望を見抜き、

法律に保護された正当な現在進行形の、

心秘評論言画活動ブログです。

 

 

リンク集

 
  

原発・原爆・動物実験・

この世の悲しみを無くす、

愛のパワー溢れるブログを

どうかご覧下さい!!!!!!!

ケイ&リル◆ 幻の小冊子「種の壁が壊れるとき」

1Click Animas動物たちといつまでも
動物の愛護及び管理に関する法律-の改正について
 
 

ある新聞社によるテレサ特定と、

黒権黒企黒によるブログ潰しは、

なぜ?ナゼ?何故??????