山梨日日新聞には力がある!     - 16 -

 

命に優しい 動物に優しい  

山梨日日新聞が、いったいどうなってしまうのか?

強く激しい、憂慮の念を私たちは持っています。

 

命に優しいこの活動が、山梨から日本中に、そして、世界中に

広がっていくようになれば、どんなに素晴らしい事でしょう。

山日さんもそう思いませんか?

 

パラケルススは、動物を殺した事がないと思うのですが、

T さん、困難でしょうけど、調べてみてくれますか?

   

 

イスラム教の方も、キリスト教の方も、仏教の方も、ヒンズー教の方も、

道教の方も、神道の方も、無宗教の方も、あらゆる宗教、哲学、思想、関係なく、

自らの心の中の、良心という神と共に生きる事が出来れば、世界から悲しみをなくしていけるでしょう。

 

 

 

            

山梨日日新聞には 力がある。

 

 

 

 

私たちが小さな命に依存している限り、おぞましい実験は無くなりません。

そしてそれは、私たちが依存をしなくなれば、つまり、死に対する事実、

病気に対する事実を認識すれば、おぞましい実験は、この世に必要なくなります。

おぞましい実験を必要としているのは、私たちの心のエゴ・我・欲望なのです。   

 

 

 

 

      “穢れ無き命の為に・・・”

 

人生とは、

とどまることなき変化である。

つまり、

肉の生活の衰弱と、

霊の生活の強化・拡大である。


             トルストイ

 

 

アウシュビッツのような人類の汚点である、

原発・原爆・動物実験をこの世から、

無くす為に・・・ 。

 

この世に生まれ、

何も悪い事をしていない純粋無垢な命達が、

今現在、この地上で、どれほど、おぞましく、

非人間的・非倫理的・非人道的行為の中で、

痛み・苦しみ・悲しみ・恐怖し、

殺されていっているか?

 

今すぐ恐怖のジッケンをやめても、

現在の医療水準は保てます。

それ以上望む恐怖と欲望の命を物扱いする、

命物実験教布教活動する、

ある新聞社のある方の恐怖と欲望を見抜き、

法律に保護された正当な現在進行形の、

心秘評論言画活動ブログです。

 

 

リンク集

 
  

原発・原爆・動物実験・

この世の悲しみを無くす、

愛のパワー溢れるブログを

どうかご覧下さい!!!!!!!

ケイ&リル◆ 幻の小冊子「種の壁が壊れるとき」

1Click Animas動物たちといつまでも
動物の愛護及び管理に関する法律-の改正について
 
 

ある新聞社によるテレサ特定と、

黒権黒企黒によるブログ潰しは、

なぜ?ナゼ?何故??????