山梨日日新聞には力がある!     - 4 -

 

    「 難病の人は治らなくていいのか!?」と、臆病者が大義名分を喚くが、難病の患者さん、

     そして、その御家族に対する、本当の愛のまなざしを持てる方は、動物を苦しめる為に、巨額の

     お金を使うより、この病で苦しんでる方、そして御家族皆さまが、安心、安全、快適に、生活出来る

     ように、お金を使うべきであると考える。

 

     世の権力者は、権力を欲望の為に使わず、愛の為に使う事を、そろそろ出来るように

     ならなければいけない。

  

     愛ある担当者を除け者にし、疎外し孤立させ、いじめ、嫌がらせ、中傷、左遷、降格、配置転換を、

     これからもしては ならない。

 

     新聞には、力がある。   その力でどうするのか。

 

   その力を、あなたの心の愛が、使うようにしなければならない。

 

 

 

山梨日日新聞には力がある!     - 5-

  

   しかし、≪ 赤電話 ≫が終わると同時に、読者欄でも、高校生のこれが言いたいでも、一般の

     記事でも、動物愛護の記事は、殆ど無くなり、今はただ単に、おもしろエッセイが週1であるだけです。

  

   代わりに増えたのが、おぞましい記事。

  

  

    ≪ 赤電話 ≫が終わる前は、 動物の事が、たくさんたくさん、載りました。

   ドイツでの、動物に対する愛ある素晴らしい取り組みは 『 日本もこうなれば・・・』と強く思いました。                    

 

  ラット の実験で・・・・ マウスの実験で・・・・ と、人間の死に対する恐怖、病気に対する

  恐怖が、まるで 無くなるかのような記事が増えました。

 

                          “原爆・アウシュビッツ・動物実験”   本当に権力は恐ろしいと思います。  

 

    死を恐れる、恐怖の言いなりになる臆病者が、動物実験を推進する。

    恐怖より愛の力が強い人は、 

   「 どうせ人は死ぬ。 何も悪い事をしていない動物を、

  地獄のような目に 合わせてまで、長生きするつもりはない!!」  と言う事が出来る。

  

      経済という言い訳も、死に対する恐怖が強い臆病者の言い訳である。県民がそれなりに豊かに

      生きる道は、動物実●県にしなくても、いくらでもあるでしょう。

 

                                 私と●田●●さんで模索して行きましょうね。

 

 

 

 

             地震はあるが  津波はない                                      (土砂崩れはある)

     緑深き  文化の薫り                                             (被災された方々と共に生きていく)

     太宰と賢治とミレーと富士と                                  (大作家 太宰治の奥様が山梨県人)

     命育む  愛ある県                                                  (偉大な詩人 宮沢賢治の親友も・・・)

     果実王国   温泉  ソフト                                         (青森、岩手の皆様、すみません・・・・)

     富士五湖遊ぶ  水鳥  ボート                 (楢山節考の深沢七郎は山梨県人)

     牧場  うぐいす  緑のそよ風 

     武田の里 は  命に優しい

     愛ある山梨  緑の県

 

 

 

山梨日日新聞には力がある!     - 6 -

 

そして・・・・

 

2012.4.2 (月) おもしろ猫エッセイが終わり

 

           3 (火) 論説・・・・・・・研究・・・医療・・・・・・・、おぞましい・・・・・・実●・・・・・・・施●・・・・・

                    1ページ捲ると、実●・・・・・・・癌・・・・・・・・・再・・・・●・・・・防・・・・止・・・・・・・・・・?

                             ( ここには、ラット・マウスの文字は無い )

 

           4 (水) 綺麗な中●人留●生、生●工●科。

 

           6 (金) 薄い水色、清潔、清々しさ、そしてついに、動物実験記事。

                     ●●●のイラスト、おぞましさ、残酷さを軽減させる色を選択。

                     猿・・・・・・・●験・・・・・・・・・・・●間・・・・・・・・・・・・・・・応●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

 

           7 (土) カラス、残酷さ、無い。

                   「へぇ~」というような、 <女性の実験者も>

                

 

 

      < 実験は、それほど残酷な事、やってませんよ >

      < 女性だって関わっていますよ > と、たいした事ないアピール。

          マウス・ラットの文字は出すが、犬・猫・うさぎ・などの文字、写真は出さない。

 

          そして、癌もエイズも治る、酒も煙草もSEXもやり放題。

          死さえも、恐れる事は無くなるかのようなイメージづくり。

  

          死を恐れ、金と欲の為に、何も悪い事をしていない純粋な命を、

              おぞましく恐ろしい実験の道具に

              するなんて・・・・・・・・・・。

 

 

 

                       あなた、代わりに実験台になれますか?

 

 

 

 

 

      かわいい純粋な命の為にしたことで、やりきれぬ気持ちで、無垢な命の為にしたことで、

        もしかしたら、私たち家族に何か起こるかもしれませんが、

        アンテナを広げ伸ばし、全てに気が付き、

      あらゆる事を公開して行こうと思います。

    たとえ、家族一同、死ぬ事になったとしても ・・・・・・・・・・  。

 

 

 

      “穢れ無き命の為に・・・”

 

人生とは、

とどまることなき変化である。

つまり、

肉の生活の衰弱と、

霊の生活の強化・拡大である。


             トルストイ

 

 

アウシュビッツのような人類の汚点である、

原発・原爆・動物実験をこの世から、

無くす為に・・・ 。

 

この世に生まれ、

何も悪い事をしていない純粋無垢な命達が、

今現在、この地上で、どれほど、おぞましく、

非人間的・非倫理的・非人道的行為の中で、

痛み・苦しみ・悲しみ・恐怖し、

殺されていっているか?

 

今すぐ恐怖のジッケンをやめても、

現在の医療水準は保てます。

それ以上望む恐怖と欲望の命を物扱いする、

命物実験教布教活動する、

ある新聞社のある方の恐怖と欲望を見抜き、

法律に保護された正当な現在進行形の、

心秘評論言画活動ブログです。

 

 

リンク集

 
  

原発・原爆・動物実験・

この世の悲しみを無くす、

愛のパワー溢れるブログを

どうかご覧下さい!!!!!!!

ケイ&リル◆ 幻の小冊子「種の壁が壊れるとき」

1Click Animas動物たちといつまでも
動物の愛護及び管理に関する法律-の改正について
 
 

ある新聞社によるテレサ特定と、

黒権黒企黒によるブログ潰しは、

なぜ?ナゼ?何故??????